一人の女性が美容院でヘアカラーを失敗され相談にのって助けた話

SPONSORED LINK

f:id:yume-yazawa-ism:20180802192635j:plain

 

どうも、美容師矢沢ゆめです

(@yume_ism)

 

先日TwitterからDM貰ったんですよ、知らない方から

 

で、内容が『美容院でカラーしてきたんですけど、これって失敗されたのかな??』って

 

全然ブログでも、美容業界でも有名じゃないのになんでDMくれたんだろ? っておもったんですけど、それは置いておいて詳しく話を聞いて見ることにしたんです

 

ざっと内容は

  • 写真を送ってもらって今とお願いしたカラーの見比べ
  • その方にした詳しいQ&A(質問)
  • 染め直しをお願いするときの対応の仕方
  • 染め直しの時に気を付けたいオーダーの仕方
  • なぜ失敗したのか?
  • 美容師は失敗に気づいていないのか?

 

これを美容師目線で考察したいと思います

 

 

もし、美容室でヘアカラーを失敗された、思い通りにいかなかった経験がある方は是非見てみてください

 

 

一部専門的な話も含まれますが、わかりやすいようにお伝えします

 

どんな感じのカラーにしたかったの?どんな感じに仕上がったの?

初めに聞いたのはコレです

f:id:yume-yazawa-ism:20180731215124j:plain

左側にしたかったみたいなんですね、そして完成したのが右側(イメージ)

 

これ誰が見ても違いますよね、はっきり「失敗だね」と伝えました

 

 

Q&A

Q:オーダーする時なんて伝えたの?

A:左側の写真みせた

 

この伝え方はベストです

オーダーする時は写真見せないと意思疎通で食い違うことがあるので、画像を見せることをオススメします

完成してから、思ったのと違うといっても、そう聞きましたと「言った言わない」を避けるためもあります

 

 

Q:画像見せた時できるって言われた?

A:わかりましたって言われた

 

ってことは、この時点で美容師はできると判断したんですね

もし髪の状態で、できないならここで、できないと言われます

 

 

Q:今の髪は自分で染めたりした?

A:違う美容室でやってもらった

 

Q:ブリーチ何回した?

A:1回

 

もしかしたら1回じゃきついかも

  

 

Q:最後鏡みせられない? そのとき違うって言わなかったの?

A:私そういうの言えないんで・・・

 

「そっかぁ~でも、でも早目に「染め直ししてほしい」って電話したほういいよ」

 

「そういうのいえな~い」

聞けばショックすぎて駅のホームから動けなく泣きそうだと・・・

かわいそう・・・

 

相談してくれた方は、暗いカラーが嫌いみたいなんですよね、だから余計ショックみたいで

 

 

イメージはギャルのように明るい方が好きみたいです 

f:id:yume-yazawa-ism:20180802183609j:plain

 

染める前は全体が金髪で2cmくらい黒髪が伸びていた状態(イメージ)

 

 

Q:そもそも完成したカラーってブリーチする必要なくない?

A:私もそうおもってた

 

f:id:yume-yazawa-ism:20180731221512j:plain

 

こういう風に染めたい場合ってブリーチいらないんですよ、伸びた根元は明るく染めて、金髪部分は暗く染めるので

 

 

SPONSORED LINK  

 

失敗されて染め直ししてもらう方法

 

大体の美容院で染め直しはしてくれます、これはカラーに限らずカットやパーマも同じです

 

期間は大体1週間~10日ぐらいです(お店で変わる)

もしその期間内に行けなくても早目に電話すればいくらか融通が利くと思います

 

 

私の美容室では、1週間で期限を設けています

もちろん無料で直しています

 

 

たまに学生さんがお店に来て、明るくしてほしいと言われ染めたんですが、学校で怒られたと染め直しに来る場合があるのですが、その時は無料ではなく通常料金の半額以下で染めています

 

これはお店にで全然ちがうと思うので確認したほうがいいですね

 

 

直しはどのお店でも無料です

 

 

勇気をふりしぼり連絡成功

 

電話で話すことが苦手とのことでインスタから連絡したみたいです

その会話した様子が画像で送られてきましたが、ま~なめてんですよね(笑)

 

 

相談者

「カラーなんですけど、頼んだのとだいぶ色違うので、直してもらいたいんですけどいいですか?」

 

美容師

「大丈夫です!落ちると思うけど明るくて大丈夫?」

 

「明るくて大丈夫です、火曜日行っていいですか?」

 

「はーい!ごめんね!火曜日は休みです・・・もし8時とか9時とか早い時間で良ければお店開けますよ!」

 

 

 

ちょっと笑っちゃいますね、この美容師

なんで失敗してるくせにタメ口なの??

しかもこの方店長というからオドロキ!!

この店終わってるわ・・・

 

 

染め直ししてくれると、はしゃぐ彼女

画像が送られて来てからの相談者の第一声

「休みに店開けるとかやばくない?」

 

でね、私が返した言葉

 

 

それダマされてるよ!

店長からしたらありがたいじゃん!

 

 

意味不明な彼女

 

「周りにお客さんいたら、会話で失敗したのばれるじゃん、そしたらそれ聞いたお客さん来なくなる可能性もあるし、店側からしたら休みに店開けた方が穏便に事が済むから、この提案してるんでしょ、どこの店でも評判命じゃん(笑)」

 

彼女は「それ悪魔すぎん??」

 

 

染め直しの事でアドバイスしたこと

 

もうこの店長シルバーできないから、「シルバーにして」って言わない方がいいよ

できたら一回目でやってるはずだし

だから明るく戻してもらうだけでいい、また変に失敗されるよりそっちの方が無難

 

「次行ったときなんで失敗してきたか聞いてきて~気になる!」

 

 

火曜日:カラーが終わってからの報告

 

無事元の金髪にもどしてもらったみたいです

伸びた2cmの黒髪も金髪で多少ムラがあるにしろ明るく戻って良かったと言っていました

 

 

Q:暗くなった理由

金髪は色落ちが早いのと、濃い色の方が長く楽しめるから美容師の自己判断でそうした

 

 

聞いておもったことは 

美容師に全くのエゴであっていいわけ

そもそもこっちは、そんなオーダーなんてしてないし、なんで勝手に暗く染めるかな・・・

 

SPONSORED LINK  

 

私の考察

f:id:yume-yazawa-ism:20180802185941j:plain

なぜこの美容師はカラーを失敗したのか?

これには2つの理由が考えられます

1.技術がない

もっとも思うのがこの理由

多分そこのお店では今回ように派手なカラーする人っていないんだと思います

だから勉強しても意味ないやって感じで練習していません

 

ギャルのような明るいカラーは全体でみるとする人が少ないです

しかも、やってって言われいきなりできるものではないので結構練習が必要

やり慣れていない人からしたらとても難しいカラー

 

 

POINT

お店を選ぶときはホームページの写真をみて自分のしたい雰囲気やヘアスタイルが近いお店で予約を入れるのをおすすめします

 

 

2.次の予約までに終わることができなかったから

今回のシルバーカラーはブリーチ1~2回した後に色を入れますので当然時間がかかります

次の予約まで間に合わないのでそれっぽく仕上げて終わりにしたのかもしれません

ただホームページを見ると1人でやっているお店ではなかったので、1番の理由が考えられます

 

 

なぜ最初のうちからできないと断らなかったのか?

美容師というのは大体プライドが高い生き物です

ましてや店長なので、自分の後輩や周りのお客さんに「できない」と聞かれるのが嫌だったんだと思います

 

 

美容師は失敗したのに気が付いているの?

もちろん気が付いてますね

最初の写真で一般の方でもはっきりと違うとわかると思うので当然美容師は気づいています

 

 

じゃ、なんで失敗したまま帰したの?

相談者が物静かそうなお客さんでクレームも言わなそうなだから、大丈夫だと思ったんだと思います

現実こういう美容師って結構いるんですよね

 

 

まとめ:最初からきちんと確認したほうがいい

 

  • やりたいヘアースタイルは口頭ではなく、写真や画像で見せてください

そうすれば意思疎通がずれにくいです

 

  • 自分の今の髪でもできるかきちんと確認してください

後からできなかったとか言われるのを防げます

 

  • こんな感じにして下さいと曖昧ではなく「これと限りなく近くで」でオーダー

こんな感じだと曖昧さが出てしまうので、きちんとこれと同じくなりたい!と伝えることが大切です

 

Have a nice day